貧血・立ちくらみに鉄分摂取

血液は、人間が生きて行く上でとても大事な存在だということは誰でも知っていることです。でも、血液にはさまざまな成分が含まれていて、単純に量が多ければ健康というわけでもありません。

 

貧血と言うと血液の量が少ないと思ってしまいますが、血液量が多くでも内容が薄ければやはり貧血になります。そんな中でも、特に大事なのが酸素を運ぶヘモグロビンです。

 

ヘモグロビンをしっかり生成するには鉄分が必須、だからこそ鉄分不足にならないよう、常日頃から食事や生活に気を付けなければいけないのです。

 

本気でアンチエイジングをしたいなら、シェイプアップより、スキンケアより、まずは血液のケアです。

 

・鉄は毎日摂れ!

鉄が不足すると体内が酸欠になり、めまいや立ちくらみが起こります。

 

こうしたふらつきがすべて医学的に診て貧血というわけではありませんが、例え検査でヘモグロビン値が正常であっても、貯蔵分の鉄が減って来ている可能性もあります。

 

女性は月経で毎月鉄分を失うわけですから、毎日しっかり鉄分を補給しておく必要があります。
汗や尿からも鉄分は逃げて行きますので、とにかく毎日、休みなく摂取し続ける必要があるのです。

 

・予防の基本は食事!

自分で対処出来るのはバランスの取れた食事です。

 

ダイエットだと言って偏った食事をしたり抜いたりしていたのでは、この先脳細胞が酸欠でダメージを受ける危険性がどんどん高くなる一方です。レバーなどの動物性食品を摂るのが一番ですが、どうしても食べられない場合にはサプリメントも有効です。一度に大量に摂っても意味はありませんが、毎日少しずつ摂取しておけば、美容と健康の体内貯蓄になります。

 

・運動する人はさらに摂取!

最近は健康のためにランニングをしたり、シェイプアップのためにボクササイズやジム通いをしたりする若い女性も多いようです。でも、ただでさえ足りない鉄分を汗と一緒に大量に排出してしまうので、運動をする人は更に積極的な鉄分摂取が必要です。