貧血の種類は色々ある

貧血というとよく聞くのは鉄欠乏性貧血ですが、これ以外にも貧血が起こる病気は存在します。

 

もし著しく鉄分不足でもないのに貧血が起こっているのであれば、他の貧血症を疑ってみる必要があります。ただし、どれも深刻な病気ですので、慎重な治療が必要となります。

 

・再生不良性貧血

骨髄で血液を作る過程にトラブルが生じて起こる病気です。遺伝性が一部ありますが、はっきりと原因が特定できない事が多く、難病指定されています。骨髄移植手術以外の治療は確立されていません。

 

・鉄芽球性貧血

ヘモグロビンの合成過程にトラブルが生じて起こる病気です。鉄分を摂ってもヘモグロビンが合成出来ないので、症状が改善されません。逆に鉄分の過剰摂取の危険があります。

 

・溶血性貧血

赤血球が破壊される病気で、遺伝性のものと後天性のものとが確認されています。先天性のものでは、自分の体内の抗体が赤血球を攻撃して破壊してしまう自己免疫性溶血性貧血があります。

 

・巨赤芽球性貧血

ビタミンB12と葉酸が欠乏することでDNA合成に障害が起こる貧血症の総称です。正常な赤血球を合成出来ないために巨赤芽球が生成されてしまい、貧血症状が起こります。ビタミンB12欠乏性貧血や葉酸欠乏性貧血などの症状もあります。

 

・腎性貧血

慢性腎不全の患者に起こる貧血症です。まず腎臓の病気が先にあり、それによって引き起こされる貧血症です。骨髄で血液を作るように命令するための物質にエリスロポイレチンというものがありますが、この物質の産生能力が低下するためにヘモグロビンの濃度が低下して貧血症状になります。エリスロポイレチンは肝臓でも作られますが、ほとんどは腎臓から分泌されるので、主に腎臓病の合併症になっています。

 

・サラセミア

地中海病という名前も持っている貧血症ですが、主に地中海の沿岸地域で多く発症したためにそのように呼ばれました。基本的に遺伝性の病気で、近年では徐々に発症する確率が減ってきているという報告もあります。