普通の鉄分よりヘム鉄がおすすめの理由

貧血の改善をしたいと思った時、鉄分を摂取したほうが良いと言われますよね。

 

特に女性は血液中の鉄分が不足していると医師から指摘される人も多く、食事から必要な鉄分を摂取しきれない場合には、サプリメントや場合によっては薬の併用も検討されます。でも、いざサプリメントなどを調べてみると、「ヘム鉄」と表示されているものが多かったりしませんか?

 

ヘム鉄?何じゃそれ?普通の鉄分とはどう違うの?と思う方もいると思いますので、具体的にヘム鉄と非ヘム鉄の違いは何なのか。ヘム鉄を選んだ方が良い理由を調べてみました。

 

・ヘム鉄と非ヘム鉄

身体の中の鉄分不足を解消するには、食べ物から補給しなければいけません。
でも一言で鉄分と言っても2種類あり、ヘム鉄と非ヘム鉄とに分けられます。

 

実は肉や魚といった動物性の食材から得られる鉄はヘム鉄野菜や穀類など植物性の食材から得られる鉄が非ヘム鉄です。そして、より体内で多く吸収されやすいのが、ヘム鉄のほうなのです。

 

・日本の食事は鉄分不足?

日本食はお米が主食ですし、どちらかと言うと肉より野菜をたくさん食べる献立が中心ですよね。
特に女性は美容を気にしてあまり脂っぽいお肉などを食べない人も多いようです。

 

でも、こうした昔ながらの日本食で得られる鉄分は約85%が非ヘム鉄で、ほとんどが体内で吸収されにくいほうになります。決して鉄分自体が少ないわけではないのですが、身体に摂り込む量に換算すると、相対的に少なくなってしまう傾向にあるのです。

 

・組み合わせが大事

食品から得る鉄分を増やすには、体内で吸収しやすいヘム鉄を意識することと、ビタミンCなど鉄分の吸収をサポートする栄養素を一緒に摂ることなどで工夫する必要があります。

 

また、肉はコレステロール値を高めてしまうのも確かなので、魚を積極的に増やすなど献立を工夫することも大事です。ヘム鉄と非ヘム鉄の研究はたくさん行われていますが、すべての結果がヘム鉄の吸収性の高さを示しています。

 

非ヘム鉄より5倍から6倍もたくさん体内に摂り込めるので、やはりヘム鉄に注目する必要があるのです。

 

 

 

貧血対策には鉄分の摂取が最も大事な事。しかし、吸収率の低い非ヘム鉄だったり、普段の食事では毎日継続して1日の摂取量を取っていくことは難しいです。

 

そこで最も貧血対策にオススメなのがヘム鉄サプリメントというわけです。

 

ヘム鉄配合サプリを使えば、毎日手軽に鉄分を摂取する事ができます。しかも、吸収率を上げるビタミンCとか相性の良い造血作用のあるビタミンB12や葉酸も一緒に配合されていたりするので一石二鳥です。

 

簡単にまとめると・・・

貧血対策にはヘム鉄のサプリが最もオススメ

鉄分を取るならヘム鉄の方が断然良い!

ビタミンCやビタミンB12や葉酸と一緒にとりたい

 

↓ヘム鉄サプリで貧血対策!

 

ヘム鉄サプリメントならコレ!

 

ヘム鉄100%配合!最強の鉄分サプリ!

美めぐり習慣は100%ヘム鉄を利用したサプリメント。吸収率を上げてくれるビタミンCや、造血作用のあるビタミンB12&葉酸も入っているので貧血対策に正に理想のサプリメント。これ以上のものは正直ないです…。アセロラも入っているからポリフェノールも沢山で美容にもGOOD。女性の事を考えつくしたサプリでより小粒にしてたり、添加物なしだったり。生姜も入っているので冷え性にも良いですね。

価格

単品(150粒):4,298円(税込)
定期(150粒):1,480円(税込)
(※1日5粒を目安に飲む)

主な成分

ヘム鉄(10mg)、ビタミンC、ビタミンB12、ビタミンB6、葉酸、ポリフェノールなど

ヘム鉄サプリなら美めぐり習慣
 

あのフラコラが販売するヘム鉄サプリメントがコレ!

フラコラヘム鉄はコラーゲンやプラセンタで有名なフラコラが販売するヘム鉄サプリメント。1日2粒で約7.5mgのヘム鉄を補給できます。ビタミンB12や葉酸もしっかりと配合されているので安心ですね。またスーパーフルーツとして美容として飲んでいる人も多いアサイーが入っているのが他社との違い。コストもかなり安いです。

価格

単品(60粒):1,186円(税込)
定期(60粒):1,008円(税込)
(※1日2粒を目安に飲む)

主な成分

ヘム鉄(7.5mg)、ビタミンB12、葉酸、銅、アサイー、ラクトフェリン、イヌリンなど

ヘム鉄サプリならフラコラヘム鉄
 

アメリカ産の王道ヘム鉄サプリメント!

ヘムアイアンはダグラスラボラトリーズが販売するアメリカ産のヘム鉄サプリメント。ダグラスラボでは医師向けサプリを主に専門として作っている老舗の会社で医師が処方するサプリとして品質はかなり高いです。また、自然素材100%で高い含有量なのも特徴。1日4カプセルでヘム鉄15mgを摂取する事ができます。

価格

単品(120粒):4,104円(税込)
定期(120粒):3,898円(税込)
(※1日4粒を目安に飲む)

主な成分

ヘム鉄(15mg)、ビタミンB12、ビタミンB6、葉酸、ベニバナ油など

ヘム鉄サプリならヘムアイアン

ヘム鉄(鉄分)サプリメントの選び方

女性が知らず知らずのうちにかかっているという鉄分不足、元々貧血になりやすいのが女性ですが、特に40歳を過ぎた女性や出産経験のある女性は4人に1人は貧血気味というデータもあります。

 

そんなことから鉄分サプリメントを買い求める女性も多いのですが、どんな選び方をすれば、より良い買い物が出来るのでしょうか。

 

・そのサプリメントは鉄だけ?

鉄分が足りないのだから鉄だけ飲んでいれば良いだろう、というのはちょっと間違いで、病院で処方される鉄剤ではなくサプリメント=食品なのですから、配合されている成分とそのバランスについてはちょっと工夫が欲しいところですよね。

 

鉄分は非常に吸収がしにくい成分で、比較的吸収しやすいヘム鉄でも、余すところなく吸収出来るというわけではありません。同時に吸収を助けるビタミンCなどを配合したサプリメントであれば、ちゃんと考えられているサプリメントということになりますね。

 

含まれる栄養素のバランスによっては、ヘム鉄ではなく非ヘム鉄でも吸収しやすい場合もあります。

 

・飲み続けることが出来ますか?

鉄分は、継続して摂取し続ける必要があります。

 

鉄分を摂取するのは主に血液の中の赤血球を造ることが目的なのですが、骨髄の中で網状赤血球が作られるまでに約5日、その後赤血球になるまでに2日ほどはかかります。

 

常に体内で必要とされるのに、同時に汗や尿、月経で失ってしまうものですから、鉄分は一時的ではなく常に補給を続ける必要があり、万が一足りなくなった時のために肝臓や脾臓で貯蔵しておく分まで確保しなければいけないのです。

 

そんな中で飲みにくいもの、飲むと気持ちが悪くなるものでは到底毎日続きませんよね。

 

だから例えば、さくらの森の「美めぐり習慣」などのように、飲みやすさをトコトン追求して苦味や臭みなどを一切取って、錠剤を小さく圧縮して作ったという判断は素晴らしいと思います。

 

鉄分サプリメントを飲んだことのあるユーザーからの苦情を考慮したというのも納得ですね。

 

 

⇒貧血対策のヘム鉄サプリはこちら

 

鉄分の一日の摂取量は?

栄養素にはそれぞれ摂取量の上限が決められています。

 

年齢や性別、身体の状況によって変わりますが、公的機関が定めるこの摂取上限はしっかり知っておいたほうが良いでしょう。

 

身体に必要な成分も、摂りすぎれば害になります。
鉄についても例外ではありませんね。

 

・鉄分の1日摂取目安(男性)

年齢 推奨量 上限量
18歳〜29歳(男性) 1日7.5mg 1日50mg
30歳〜49歳(男性) 1日7.5mg 1日55mg
50歳〜69歳(男性) 1日7.5mg 1日50mg
70歳以上(男性) 1日6.5mg 1日45mg

 

日本人の食事摂取基準という数値があります。まずは男性の1日の鉄量摂取目安を知っておきましょう。

 

18歳から29歳、30歳から49歳、50歳から69歳まで推奨される量は同じで1日7.5mgです。70歳以上は6.5mgです。ただし上限量には差があり、18歳から29歳は50mg、30歳から49歳は55mg、50歳から69歳までは50mg、70歳以上は45mgとなっています。

 

男性の場合30歳から49歳がピークで、それを超えると少なくなって行くという基準です。

 

・鉄分の1日摂取目安(女性)

年齢 推奨量 上限量
18歳〜29歳(女性) 1日6.5mg(月経なし)、1日10.5mg(月経あり) 1日40mg
30歳〜49歳(女性) 1日6.5mg(月経なし)、1日10.5mg(月経あり) 1日40mg
50歳〜69歳(女性) 1日6.5mg(月経なし)、1日10.5mg(月経あり) 1日45mg
70歳以上(女性) 1日6.0mg(月経なし) 1日40mg

 

女性は月経があるかないかで数値に差があります。

 

月経が無い場合、18歳から29歳、30歳から49歳、50歳から69歳まで同じく推奨量は6.5mgで、70歳以上が6.0mgです。月経がある場合、18歳から29歳、30歳から49歳、50歳から69歳まで同じく推奨量は10.5mgです。

 

上限量は月経の有無に関係なく、18歳から29歳、30歳から49歳は共に40mg、50歳から69歳までは45mg、70歳以上は40mgとなっています。

 

更に女性の場合、妊娠している場合や授乳中の場合には推奨量のみ変化があります。
妊娠中の場合は推奨量は1日19.5mg、授乳中の場合は9.0mgです。

 

いずれも一般的な推奨量6.5mgに比べてかなり多い摂取が推奨されていることがわかります。

 

・推奨量と上限量

推奨量は、健康維持に必要な量のこと、上限量は副作用などの問題が起こりにくい量のことです。もしサプリメントなどで鉄分を補給しようと考えているのであれば、まずは推奨量を目標値として上限量を超えないように適切な量を摂取すると良いでしょう。

 

 

⇒貧血対策のヘム鉄サプリはこちら

 

ヘム鉄(鉄分)サプリと一緒に摂りたい成分

貧血対策などで鉄分の補給をするにはヘム鉄サプリメントを毎日飲む事が推奨できますが、鉄分の体内吸収について考えると、実は他にも一緒に摂るべき成分というものがあります。

 

鉄分は体内で吸収しにくい成分です。地球上には非常に豊富にある成分ですが、人間だけでなく、植物や動物の細胞の中にはごくわずかしか存在しません。

 

それでも酸素を使って生きて行く以上、鉄分は確実に必要です。

 

成人男性には約4gの鉄があり、成人女性には約3gの鉄が存在すると言われています。
動物性食品に含まれるヘム鉄は比較的吸収しやすく、そのままの形で小腸から吸収されます。

 

植物や穀物の中の非ヘム鉄はそのままでは吸収出来ず、何度か形を化学変化させなければいけません。
変化させれば吸収出来るので、この化学変化をさせやすい成分を一緒に摂れば良いわけです。

 

・ビタミンCは両方にOK

ビタミンCは鉄分の吸収にとても良いはたらきをしてくれるのですが、これはヘム鉄であっても非ヘム鉄であってもOKです。だから鉄分サプリメントを飲む場合にも、一緒にビタミンCを摂取すればより吸収率が良くなるわけですね。

 

サプリメントによっては最初からそれを見越して一緒に配合されている場合も多いです。
でもせっかくですから、自分でもビタミンCは積極的に摂りましょう。

 

・ビタミンB12や葉酸

造血効果を持っている事で有名なビタミンB12は一緒にとっておくべき成分です。ビタミンB12が欠乏すると悪性貧血の原因にもなるので注意が必要です。

 

このビタミンB12は葉酸と一緒にとる事で協力し合いますので、より造血効果が高まりますので鉄分と同様に赤血球の形成と貧血対策に不可欠な成分と言っていいでしょう。また、核酸の合成を助けたり働きがあるので、神経系の健康(睡眠障害・痴呆症・うつ病)などにも効果的と言われています。

 

・クエン酸やリンゴ酸も良い

果実酸であるクエン酸やリンゴ酸などもミネラルの吸収にはとても良いはたらきをしてくれます。
酸味のあるフルーツは、鉄分と一緒に摂っても良いわけですね。

 

これら果実酸のはたらきは、ミネラルを包み込んで変化させるキレート作用と呼ばれます。
果物自体には鉄分が含まれていなくても、鉄分摂取には大事な存在なのです。

 

・非ヘム鉄はヘム鉄と

非ヘム鉄は吸収が悪くてダメだと思いがちですが、ヘム鉄と一緒に摂取すると吸収率が上がることがわかっています。つまり、肉と野菜、魚と穀物というように、組み合わせて食事をしたり、食事とヘム鉄サプリメントを組み合わせて摂取する事を心がければより良いわけです。

 

 

⇒貧血対策のヘム鉄サプリはこちら